前へ
次へ

糖尿病予防に鍼灸治療

糖尿病はよくきく病気になりますが実際になって見ないと理解をしない人も多く、日常生活を気をつけないといけない症状といえます。まず知っていたほうがいいのは初期の段階では自覚症状がまったくないことが多く、気がつかないうちに少しずつ症状がでてきます。例えば疲労感も日常疲れてくると当たり前に現れますが、糖尿病になると疲れやすくなり疲労も回復してこなくなります。つまりずっとダルい状態になってしまうことで気力がなくなってくるのも大きな特徴といえます。また身体的な特徴となると皮膚が乾燥しやすくなり痒くなりやすいこともありますし、また手足の感覚が鈍くなってきます。また感染症にかかりやすくなるのもデメリットになるので、糖尿病によっての影響は少なくないです。鍼灸治療ではこの糖尿病に対するアプローチをすることができ、ホルモンバランスを整えることができます。あくまでも初期段階で治療することが重要なので、鍼灸治療でも糖尿病予備軍の人が予防として針を打ってもらう人もいます。

Page Top