前へ
次へ

難病にも試したい鍼灸治療

鍼灸治療は日常のちょっとした不定愁訴を改善するために通う人が多いです。頭痛持ちであるとか、腰痛に悩んでいる人が「病院にいくほどではないけれど対策をしたい」と言って通うイメージがあるかもしれません。しかし、鍼灸治療はそれだけではなく、難病のために通っている人もいます。世界保健機構でも鍼灸の効果については研究されていて、西洋医学では手のうちようがない疾患への対策として期待されているようです。そもそも難病というものの定義もあやふやで、痛みを伴うものや伴わないもの、命の危険があるものやないものなどさまざまです。また西洋医学ではひとつの病気に対して治療なり対処なりして向き合いますが、東洋医学では人間1人の全体をみて治療をします。この点でも、鍼灸は西洋医学にはない可能性を探れるのではないでしょうか。病気を治すことももちろんですが、症状として痛みがつらいならその痛みを薬を使わず取り除く、という治療ができるのもメリットでしょう。

Page Top