前へ
次へ

子供の疾患にも対応する鍼灸治療

鍼灸治療と言うと、高齢者が節々の痛みを抑えるために通っているイメージが強いかもしれません。確かに昔はそういったサブとしての鍼灸治療がメインでした。しかし今は子供にも鍼灸治療は対応しています。例えば脳の疾患で体の一部がマヒしていて動きが制限されていたり、足がクロスしてしまって歩けないという子供がいます。そういう脳の疾患に対して、脳針という治療が有効だそうです。脳に鍼を刺して対応する部分を活性化させるものですが、今までどうしようもなかったマヒが和らいだり、動きがスムーズになったりするようです。言葉が遅かったり、落ち着きがないような子供にも有効です。他にも夜泣きや疳の虫などにも、昔から小児鍼というものが使われています。これは大人のように鍼を刺すのではなく、ギザギザのついたローラーでツボを刺激するというもので、痛みはなく気持ち良いのが特徴です。薬を使えないような疾患の場合、鍼灸は心強い味方になってくれます。

Page Top