前へ
次へ

身体の外にも内にも効く鍼灸治療

鍼灸治療は、アジアだけでなく、欧米にも広がり、現在世界的に普及している伝統医療です。しかし、鍼灸治療を受けた経験があるという人はごくわずかです。鍼灸はなじみがなく、どこで受けることができるのかわからないという人が大半です。鍼灸は、腰痛、頭痛、膝痛、神経痛などの痛みの治療に効果的であると言われています。現代は、パソコンやスマートフォンの使用増加により、このような痛みを抱えた方が増加しています。また、鍼灸治療には、便秘、下痢、痔などにも効果があると言われています。鍼灸治療は、鍼による身体の表面への刺激、灸による熱の刺激を与えることにより、病気を治療します。鍼や灸で身体を刺激することにより、脳の神経にホルモンが出され、痛みを脳に伝える神経経路を塞ぎます。これにより、身体に感じる痛みをやわらげることができます。また、身体の表面を刺激することにより、その刺激が内蔵にも伝わり、自律神経のバランスを整えることが可能です。このように鍼灸は、身体の外側にも内側にも効く、効果的な治療法といえます。

Page Top